死んだ魚のギョロリとした目は

死んだ魚のギョロリとした目は、
何も見ていない。
あれは腐る過程のゼラチンと、
濁ったレンズの集合体。
濡れた落ち葉や小枝が降り注いで、
その表面は傷付けられた。
数千の見えない溝からは、
数万の胞子と数億のバクテリアが侵入する。
雨上がりの湿った悪臭を放つ、
そのギョロリとした目は、夢さえ見ない。
侵入したバクテリアは、脳みそまで到達し、
細胞を一粒残さず食べてしまった。

それでは、いよいよデザートの時間。
腐ったゼリーを召し上がれ。
ギョロリ、ギョロリ、ギョロリ。

【戻る】